Judy様との出会い

※登場うさぎ&人物についてはこちらをご覧ください♪

ツンデレJudy様との出会いは小学生の息子が

「猫を飼いたい」と言い出したのが始まりでした。近所の野良猫ちゃん達と戯れて帰ってきたり、そのうち連れて帰ってきそうなほどに…

「ダメ」とは言うものの、ペットショップに連れていったり、猫カフェに連れてってくれたり…でも息子は満足せず、何度もパパさんを説得しようと励んでいました。

そして、私と息子でペットショップに行ったある日、貼り紙をみつけました。

「里親、募集!」そこには黒とグレーと薄いグレーの3匹の子ウサギがお団子のように並んで写っていました。

あまりの可愛いさに、私と息子はズキュン💘と…一目惚れです。

家に帰ると息子はパパさんに覚悟で猛説得。

「ウチを選んでくれるかは分からないけど、申し込みだけはしてみたんだ」と。

なんとも言えなくなったパパさんは

「うさぎなら…鳴かないし…でも… ん〜…。もし、選ばれたら仕方ないけど、ペットを飼うということはどういうことか分かってるのか?」と言うと、息子は目を輝かせて頷きました。パパさん、折れました(笑)

次の日、息子はさっそく図書館でうさぎの飼育本を借りてきて勉強。自分の貯めた小遣いをはたいて必要な物を揃えてみたり。まだ、決まってもないのに…

心躍らせながら向かった面談の日、モフモフうさちゃん2匹と飼い主さん、仲介の店員さん、私達ともう1組の家族。ひと組は先に成立してたようで。私達もどうやら先着で決まってたようなのです。

「私、妊娠に気づかなくて…まさかのびっくりで。大切に育ててくれる家族にお譲りします」とウサちゃん達に申し訳なさそうな飼い主さん。

黒のおとなしめ男の子と薄いグレーの好奇心旺盛女の子。息子は既に決めてたようです。名前も…グレーの女の子、名前は「Judy(ジュディ)」だと。

私は気づいた!少し前に見た映画、ズートピアの主人公🐰 だな。息子は悟っていたのか?家族になる運命だったのか(笑)

飼い主さんも息子の表情を見て「今日連れてってもいいよ」と言ってくれて。「責任もって大切に育てます」と約束しました。

優しく声をかけながら家に着くとJudyは怯える事もなく、ご飯もしっかり食べ、すぐにトイレも出来るようになり、探索してやんちゃな姿を見せてくれるようになりました。

毛づくろいやゴロン寝、あまりの可愛い仕草にメロメロ〜(*´ω`*)。息子もパパさんも終始くぎ付け状態。笑

以上がJudyと私達が家族になったきっかけと家族になった大切な日の事です(^^)

「チモチモだって食べれるでしゅよ」

f:id:hys9:20180324201941j:image

「ち、ちかいでしゅよ!あたちを食べないでくだしゃいね💦」

f:id:hys9:20180324202054j:image

「可愛いから見てるだけだよ💦」

どんどん甘えん坊になり、徐々にツンデレJudy様へと成長していくのであります(笑)

読みにきてくれて、ありがとうございます☺️ブログランキングに参加しております。ほっこりして頂けましたら、下のJudy&Leonをポチッとして応援してくれるとうれしいです❣️ポチッとした後はランキングページに移動します。そこでそのまま終了しても大丈夫です(^^)
にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
「ありがとう、また来てねでしゅ🐰❣️」