【うさぎの飼い方】トイレのしつけ方・はじめての接し方は…?

以前の記事の続きになります。

ぬいぐるみのように可愛いうさぎ。うさぎと暮らしたい!でも、うさぎの飼い方が分からない!など、これからうさぎを飼い始める方のために、うさぎに関する基本的な知識や飼育方法など分かりやすく紹介します。

モフモフで可愛らしいうさぎ、ペットとして家族としてお迎えしたら、触りたくてたまりませんよね?うさぎも撫でられるのが大好き!しかし、そこで焦ってはいけません。

環境の変化に敏感なうさぎは、お迎えしたばかりのころはとても緊張しています。初めて聞く家族の声、初めて聞く生活音、初めて嗅ぐ匂い。ドキドキすることだらけです。

一緒に暮らすには、なるべくトイレも覚えてもらいたいですよね?はじめの1週間は環境に慣れるためにも、トイレを覚えさせるためにも大切な期間です。慣れるまではケージの中だけで接しましょう。

早く慣れてもらいたいからこそ、ストレスを与えずにゆっくり接していきましょう。

🥕はじめての接し方

声をかけてからお世話をしましょう

うさぎは基本、臆病です。特にお迎えしたばかりはとても不安です。なるべく静かにしてあげましょう。

かといって、最低限のお世話は必要ですが、突然ケージに手が入ってきてはびっくりしてしまいます。ごはんをあげるにもお世話をするにも、優しく声をかけて、うさぎがこちらに気づいてからにしましょう。

言葉は通じなくても、飼い主さんや家族の声はちゃんと聞いていますし覚えます。特に何もしていなくても「可愛いね〜、おりこうだね〜」といつも褒めてあげて下さい。

声をかけることに意味があるのです。小さなことでも、うさぎにとっては大切なコミュニケーションなのです。

接し方の目安

  • 初日・そっと観察しながら、最低限のお世話だけ行いましょう
  • 2〜3日目・優しく声をかけながら、手でごはんを与えてみましょう
  • 4〜5日目・驚かさないよう、少しづつ体を撫でてみましょう
  • 1週間・時間を決めて、ケージから部屋へ出してみましょう 

※あくまで目安です。嫌がっていないか様子を見ながら、接していきましょう。

すぐにトイレを覚えたとしても、環境になれるためでもありますので、1週間はケージから出さない方が良いでしょう。

🥕トイレのしつけ

トイレに匂いをつけてあげましょう

お迎えする前にケージ内にトイレ容器の設置を済ませていると思うのですが、うさぎをケージに移した後、すぐにトイレが出来る子は少ないと思われます。

うさぎは縄張りの中で暮らす生き物です。しばらくは自分の匂いをつけるために、あちらこちらでおしっこやウンチをします。なので、飼い主さんがそのウンチやおしっこをトイレ容器に入れて、トイレ自体に匂いをつけて教えてあげましょう。

おしっこはティッシュなどで拭き取ったものを、引っ張り出せないようにトイレの網の下に入れておきます。トイレに座るだけでも、「できたね〜偉いね〜」と優しく褒めてあげてください。大抵の子はそれを繰り返すうちに、おしっこが出来るようになります。

🥕トイレの置き場所

うさぎに合わせて設置してあげましょう

飼い主さんが始めに設置したトイレの場所でうまくいかない場合は、その子に合わせて、より多くおしっこをした場所にトイレを置き直してあげるとうまくいくことがあります。

トイレ以外の場所にしてしまった場合は、キレイに拭いて匂いを取り除きましょう。

※決してトイレでの排泄ができなくても、絶対に叩いたり叱ったりしないで下さい。より臆病になってしまいます。おおらかな気持ちで見守ってあげてください。

🥕ウンチのしつけについて

ウンチは大目に見てあげましょう

ほとんどのうさぎは、おしっこをトイレで成功しても、ウンチは場所を問わずポロポロと落としてしまいます。性格や個体によっても違いはありますが、下痢や食糞でない限りは習性だと思って、大目にみてあげましょう。うさぎがトイレ以外の場所でウンチをしてしまうのには、下記のような理由があるからです。

  • 何かに夢中になっているとき
  • 楽しい、嬉しいなど、興奮しているとき
  • 匂い付けとして縄張りをアピールしているとき

リラックスしているときや寝転んでいるときに出ちゃう子もいます。私的には、おしっこをトイレで出来るだけでも、偉いと思ってほしいところです。

大切な家族のために、たくさん接して観察して、一つの情報に頼らず飼育本や経験談など、その子に合った飼育法を探してあげてください。

⭐️1羽でも多くのうさぎが、愛のある家族と幸せな時間を過ごせますように⭐️

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村